オメガ(OMEGA)は1848年にルイブランが懐中時計の工房を開いたことにより始まったスイスの高級腕時計ブランドです。有名なモデルとしては映画「007」シリーズで歴代ジェームズボンド役の俳優が身に着けた事で注目されたダイバーズウォッチのシーマスターや、NASAが公認クロノグラフとして採用し近年様々なコラボモデルが人気のムーンウォッチという別名も持つスピードマスター、ラグジュアリーなデザインで星座の意味を持つコンステレーション、クラシックな雰囲気でビジネスからタウン使用まで様々な場面で人気のデ・ビルなどが有名です。このようにNASAの厳しいテストも通過し、耐久性・精巧さを兼ね揃えつつ洗練されたデザインが人気のオメガが世界中で愛される時計ブランドとして知られています。

メンテナンスの頻度とコーアクシャルモデルについて

公式カスタマーサービスサイトによると使用状況にもよりますが、原則として4年から5年ごとのメンテナンスを推奨しています。さらに年に一度正規カスタマーサービスでの防水性の検査も勧めており、それらを経て最高のパフォーマンスが出来ると記載しています。ただし1999年に独立時計師ジョージダニエルが開発したコーアクシャルの登場により、脱進機機構の大幅な摩擦減少をかなえる事が出来、それによってコーアクシャル搭載モデル「デ・ビル・コーアクシャル」は10年間オーバーホール無しでも精度が保てるとされています。しかしコーアクシャルモデルの場合、脱進機に関しては通常より持ちは良いくても、油の劣化や歯車の摩耗に関しては通常のタイプと同じなので出来れば4年から5年に一度はメンテナンスをする事をお勧めします。

正規カスタマーサービスによるメンテナンス料金

公式カスタマーサービスによる「コンプリートメンテナンス価格」としてはクロノグラフ以外の場合メカニカル60480円・クオーツ48600円、クロノグラフの場合はメカニカル82080円・クオーツ54000円となっています。この価格は宅配によるピックアップサービスと正規店へ持ち込んで受けられるのメンテナンスの価格となっており、この場合正規メンテナンスの安心感はありますが、一般の時計修理店によるオーバーホールと比べかなり高額になります。もしも費用を抑えたい方は純正部品があり、一級時計師がいる一般修理店に依頼されると良いでしょう。ただし昔からある町の時計屋さんで修理・メンテナンスを依頼すると純正部品が無かったり設備的にも不十分なので対応できない場合も多い為注意しましょう。なお最近では宅配を利用し遠方でも気軽に依頼が出来る専門業者もありますのでそういった業者を利用されるのもお勧めです。

腕時計はもちろん、オーバーホールの専門店であるCIENのブログ情報を紹介しております。 時計の修理を出してから受取りまでの一連の流れを構成図にてご覧いただけます。 今まで手掛けてきた実績情報をブランド別にブランドの紹介も含め多数紹介しております。 受付時間は平日の午前11時~午後7時までです。土・日・祝はお休みになります 。 オメガのオーバーホールは専門店のシエンにお任せ